ケアマネステーション利楽

HOME >  介護事業 > ケアマネステーション利楽

介護にまつわる様々なサポートを行ないます

ケアマネステーション(居宅介護支援事業所)とは、介護保険で受けられる指定居宅サービスや特例居宅介護サービスなどの紹介、ご利用者様と利用施設先のお話を聞き日程やサービス内容の調整をするなど、あらゆるサポートを行う事業所です。居宅支援サービス費にかかる費用の計算や請求など、要介護者の代わりに行うこともできます。    

方針

【1】私たちは、ご利用者の皆様が安心して自立した生活が行えるよう、 またご満足していただけるような介護サービス計画(ケアプラン)を提供します。

【2】私たちは、地域に根ざした支援を心がけて、利用者様の状態にあった居宅サービス計画を作成し実施できるよう、サービスの質の向上に努めます。

【3】利用者様が自らの意思で利用するサービスを選択し、安心できる生活が送れることを目指します。  

 

概要

月曜日~金曜日/午前8:30~午後17:30
ご利用者様やご利用者様のご家族様のご都合に合わせ、土曜、日曜のご要望にお応えいたします。

◯介護に関わるご相談、要介護認定申請の手続き代行 申請代行費自己負担無し

◯ケアプラン(居宅介護サービス計画)の作成 ケアプラン作成の費用は全額介護保険で支払われますので、計画作成には費用はかかりません。

◯連絡調整 介護サービスを提供する居宅サービス事業者及び介護福祉施設、市町村、保険医療福祉サービス機関との連絡調整

◯居宅サービス利用時の苦情や疑問の受付対応 料金はかかりませんので、お気軽にご相談ください。

 

お申込からご利用まで

まずはお気軽にお電話ください。ご相談いただくさいは費用はかかりません。介護保険を申請していない方は、要介護者ご本人、またはご家族に代わって申請をいたします。その申請代行について、自己負担費用はありません。

介護保険をお持ちの方は現状を把握しプランを作成いたします。プラン作成に関する自己負担の費用はありません。

最良な介護サービスがスタート出来るよう、居宅介護サービス事業者との連絡調整。また、ケアマネージャーが居宅へ訪問し、状況や要望を面接によって把握します。

その後、居宅介護サービスのご利用開始となります。サービス開始後も状況変化など継続的に確認、対応いたします。

 

 

対象となる方

第1号被保険者で(65歳以上)介護が必要な方。 第2号被保険者で(40歳以上65歳未満)初老期の認知症、脳梗塞、ガンの末期など下記の16の疾病で介護が必要な方。

[1]ガンの末期(医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがない状態に至ったと判断したものに限る。)
[2]関節リウマチ
[3]筋萎縮性側索硬化症
[4]後縦靭帯骨化症
[5]骨折を伴う骨粗鬆症
[6]初老期における認知症
[7]進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病
[8]脊髄小脳変性症
[9]脊柱管狭窄症
[10]早老症
[11]多系統萎縮症
[12]糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
[13]脳血管疾患
[14]閉塞性動脈硬化症
[15]慢性閉塞性肺疾患
[16]両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

 

 

さらに詳しく、資料をご覧いただけます